2017年夏のサマー・グリーティングカードを制作しました!

 

2017サマーグリーティングカード

 

先日、在学中の京都造形芸術大のスクーリングで勉強してきた、

「書体」を意識して選んでみると、デザインがすっきり。

 

今回の使用したのはGill sans(ギルサン)という書体です。

1928−30年にイギリスでスタンリー・モリスン(モノタイプ社のディレクター)が、

エリックギル(彫刻家)に依頼して作った、

サンセリフ体の活字です。

 

人間の温かみをたたえているため、「ヒューマニティック・サンセリフ」とも呼ばれています。

よくみると、小文字のaの先がちょっと跳ねていたり、小文字のtのデザインが変わっていて、

愛らしさのある書体ですね。

 

みなさま良い夏をお過ごしください!

 

お仕事のご依頼、大歓迎です。

お問合せはこちらから